Monday, 17 April 2017

東方正教会と復活大祭

今日、2017416日は復活祭、ギリシャ語、ラテン語、ロシア語などでPascha、英語はEaster、ドイツ語はOstern。今年は正教、カトリック、プロテスタント教徒たちは同じ日、416日に復活祭を祝う。異なる教会が同じ日に復活祭を次に祝うのは2025420日となる。前回は2014420日だった。これは東方教会である正教がユリウス暦を西方教会であるカトリックがグレゴリオ暦を採用しているからである。


正教会における復活大祭は、教会暦の区切りが日没ごろにあり、よって、前日の夜から奉神礼が始まる。各祈祷が行われ、その中に十字行があり聖堂外で行進が行われる。パスハの讃詞が歌われ、その中で「キリスト復活!」「実に復活!」と挨拶が繰り返し交わされる。参祷者には復活の生命を象徴する赤く染められた卵が聖成され配られる。


復活大祭から始まるのが復活祭期で聖霊降臨(ペンコステ)(イエスの復活・昇天後、集まって祈っていた120人の信徒たちの上に、神からの聖霊が降ったという出来事)までの7週間続く。復活大祭からの1週間は光明週間と呼ばれ復活大祭翌主日(次の日曜日)までつづく。この期間は復活大祭と同じ奉神礼が行われる。


復活祭は春分の日、321日、の最初の満月の次の日曜日となる。2018年は東方教会では48日、西方教会では41日となる。

ウルゲンチで飛行中止

この時の出張は印象深い、初崩壊後のソ連、初中央アジア、初ウズベキスタン、1996年初頭でした。パイロットが朝鮮系で日本人が珍しかったのか、写真を撮られた。

こちら写真のがいいですね。ソ連崩壊後、初めてウズベキスタンへ行った時、環境庁のミッションだったので環境問題を視察、そのためアラル海を予定に入れた。アラル海の島へ行くためウズベキスタン航空からチャーターしたヘリ(Mi-2、ソ連で開発されポーランドで生産された。)へ乗り込むところ、ウルゲンチ空港にて。1996年2月初頭。


日本、同盟国への武器輸出が可能に

非戦闘地域以外の同盟国への相互武器輸出合意を批准、Pravdaが伝えている。

http://www.pravdareport.com/news/hotspots/conflicts/14-04-2017/137504-japan_war-0/

ロシアでいすゞがトラックを組み立て

レーニンの生誕地ウリヤノフスク州でいすゞが2017年5月よりトラックの組立開始。

https://ulgov.ru/n/46394/#

復活祭と節制

昨日は聖金曜日、東方正教会では聖大金曜日、イエス・キリストが十字架にかけられて処刑された日、その受難に関係した儀式が行われる。そして、3日後にイエス・キリストの意志で復活し死を克服する、そのためか復活祭は常に日曜日となる。

復活祭前は、東方正教会では大斎(おおものいみ)、カトリックでは四旬節と呼ばれる。この期間は、伝統的に食事の節制と祝宴の自粛が行われ、償いの業が奨励されている。東方正教会では禁食を中心とする節制、祈祷、禁食、慈善を心掛けることが通常より求められ、こうした信仰実践の目的は、神との交わりに信者が向かうことを助けると考えられている。

大斎期(四旬節)は復活祭の46日前から、日曜日を除いて40日、灰の水曜日から復活祭の前日の聖土曜日まで行わる。エチオピア正教は55日間となっており、東方諸派(非カルケドン派正教会)は暦が異なる、その期間は節制となる。東方正教会、東方諸派は節制に効能を認めており、通常、水曜日と金曜日に行う禁食をこの期間に適用し、卵、乾酪(乳製品)、肉、魚、オリーブ油、酒(ワイン)は摂らない。食事は1日1回通常の食事を摂り、後の2回は少量に抑える。午後3時くらいまで食を摂らず、夕飯がメインとなる(エチオピア正教)。

今日は、聖大土曜日で聖大金曜日と同様な儀式が執り行われ、キリストの黄泉下りと眠りを象るが、むしろその死への勝利を誉めあげ祝い、復活の喜びを先取りする祝いの日の性格が強い。
復活祭前の1週間は聖週間と呼ばれ、イエスのエルサレム入城から受難と死が記念される行事が続く。

エチオピア北部でサファイア鉱脈発見

サファイアの大規模鉱脈がエチオピア北部ティグライ州の3ヶ所で確認されたとのこと、VOAがソース。

g当たり2500-3500ETBで取引き、国際市場ではカラット当たりUSD15,000。

インドシナから南アジアが主な産地。歴史的にはこと地域でもサファイアを産出していたとのこと。定量的な情報が無いので実際は不明。

http://www.tigraionline.com/articles/sapphire-found-in-tigrai.html

カザフ語表記をラテン文字ベースに

カザフスタン、カザフ語表記をラテン文字ベースに2018年までに導入、法案を起案。憲法ではカザフ語が国家語、カザフ語とロシア語が公用語に定められている。

実際、カザフ語が話せるのは人口の約65%とされる、他方、ロシア語は約95%の住民が話す。また、ドイツ語話者が約95万人、5.6%を占める。ロシア人に配慮したナショナリズムなのだろう。

http://enews.fergananews.com/news.php?id=3281

復活祭

昨日は聖金曜日、東方正教会では聖大金曜日、イエス・キリストが十字架にかけられて処刑された日、その受難に関係した儀式が行われる。そして、3日後にイエス・キリストの意志で復活し死を克服する、そのためか復活祭は常に日曜日となる。

復活祭前は、東方正教会では大斎(おおものいみ)、カトリックでは四旬節と呼ばれる。この期間は、伝統的に食事の節制と祝宴の自粛が行われ、償いの業が奨励されている。東方正教会では禁食を中心とする節制、祈祷、禁食、慈善を心掛けることが通常より求められ、こうした信仰実践の目的は、神との交わりに信者が向かうことを助けると考えられている。

大斎期(四旬節)は復活祭の46日前から、日曜日を除いて40日、灰の水曜日から復活祭の前日の聖土曜日まで行わる。エチオピア正教は55日間となっており、東方諸派(非カルケドン派正教会)は暦が異なる、その期間は節制となる。東方正教会、東方諸派は節制に効能を認めており、通常、水曜日と金曜日に行う禁食をこの期間に適用し、卵、乾酪(乳製品)、肉、魚、オリーブ油、酒(ワイン)は摂らない。食事は1日1回通常の食事を摂り、後の2回は少量に抑える。午後3時くらいまで食を摂らず、夕飯がメインとなる(エチオピア正教)。

今日は、聖大土曜日で聖大金曜日と同様な儀式が執り行われ、キリストの黄泉下りと眠りを象るが、むしろその死への勝利を誉めあげ祝い、復活の喜びを先取りする祝いの日の性格が強い。
復活祭前の1週間は聖週間と呼ばれ、イエスのエルサレム入城から受難と死が記念される行事が続く。

復活祭

昨日は聖金曜日、東方正教会では聖大金曜日、イエス・キリストが十字架にかけられて処刑された日、その受難に関係した儀式が行われる。そして、3日後にイエス・キリストの意志で復活し死を克服する、そのためか復活祭は常に日曜日となる。

復活祭前は、東方正教会では大斎(おおものいみ)、カトリックでは四旬節と呼ばれる。この期間は、伝統的に食事の節制と祝宴の自粛が行われ、償いの業が奨励されている。東方正教会では禁食を中心とする節制、祈祷、禁食、慈善を心掛けることが通常より求められ、こうした信仰実践の目的は、神との交わりに信者が向かうことを助けると考えられている。

大斎期(四旬節)は復活祭の46日前から、日曜日を除いて40日、灰の水曜日から復活祭の前日の聖土曜日まで行わる。エチオピア正教は55日間となっており、東方諸派(非カルケドン派正教会)は暦が異なる、その期間は節制となる。東方正教会、東方諸派は節制に効能を認めており、通常、水曜日と金曜日に行う禁食をこの期間に適用し、卵、乾酪(乳製品)、肉、魚、オリーブ油、酒(ワイン)は摂らない。食事は1日1回通常の食事を摂り、後の2回は少量に抑える。午後3時くらいまで食を摂らず、夕飯がメインとなる(エチオピア正教)。

今日は、聖大土曜日で聖大金曜日と同様な儀式が執り行われ、キリストの黄泉下りと眠りを象るが、むしろその死への勝利を誉めあげ祝い、復活の喜びを先取りする祝いの日の性格が強い。
復活祭前の1週間は聖週間と呼ばれ、イエスのエルサレム入城から受難と死が記念される行事が続く。

「聖火の奇跡」

エルサレムの聖墳墓教会、主日、復活祭の前日行われる「聖火の奇跡」の儀式。

http://www.pravoslavie.ru/english/102739.htm