Sunday, 20 August 2017

MacBook Proのバッテリー交換

2012年の初頭に購入したMacBook Pro 13-inch Late 2011, 使用頻度が少ないものの数年前からになりますが、フル充電しても比較的短時間で消費してしまうのでバッテリーの交換が必要かとネットで検索した。

以下のサイトを参考にこれから自前で交換予定です。
http://iphone-apple.net/archives/4401

ポーランド東方正教会の聖地

ポーランド東方正教会の聖地、The Holy Mount of Grabarka、ワルシャワから東方160km、ベラルーシ国境手前に位置する。

ポーランドに住むベラルーシやウクライナ人正教徒の子孫約60万人が信徒。8月19日はSpasa、年間を通して最も重要な祭日でポーランド中から信徒が集まる。

http://eastern-poland.eu/the-holy-mount-of-grabarka/

https://orthodoxwiki.org/Grabarka






Tuesday, 15 August 2017

スカイプの通話料

スカイプでエチオピアに電話したら9分で300円、

1分じゃないからリーズナブルなのか。

自動追加にしているので気がついた。

Saturday, 12 August 2017

ヤフオク またまた大失敗

ヤフオクでの応札(入札すると判断することと、これは落札すると判断すること)は非常に難しいのですが、最近、過去の経験が活かせず落札したケースが目立った。
その一例がこのキャリーバック、何を失敗したかというと、
1)サイズ、記載情報からしっかりとイメージできなかった
2)この手の商品の確認、今回の場合は、キャリーの車輪、経年劣化で転がしたらボロボロと砕けてきた。元々の製品の質も問題あるのではないかと思う。
注:
本商品は商品説明にはなかったので出品者に状況を説明したところ返品となった。

その他、
1)掲載されている商品と実際の色の違い、これはあまりないが対処のしようがない。
2)古いもの、製造年が不明と記載されている商品、写真ではよく見えても、実際、届いた商品はかなり古かった、など。
3)サイズをしっかり確認せず、届いたらイメージしていたのよりかなり大きかった。
など。








Tuesday, 8 August 2017

頂き物の讃岐うどん

本場の讃岐うどん、これは久しぶりに美味しいうどんでした。








私のリモワ・サルサ、82L 871.70

私のリモワ、サルサ82L、871.70、12番でした。
74.5cm x 49.5 cm x 27.5cm
カラーは黒
保証書が付いていたけど印刷が既に消えかけている。

実物の写真はこちら。
http://eastriver229.blogspot.jp/2011/12/rimowa-salsa.html




Sunday, 6 August 2017

ポール・スミスのスーツケース(エース製)を調達

サムソナイトのスーツケースはTSAロックが付いていないタイプ、リモワのサルサを所有しているが、今回、もう一つ調達することにした。
 
サムソナイトのスーツケースより一回り小さめ、容量が82Lとのこと。私のサルサと同じ容量のようです。もう少し大きいと思っていた。

名称は「キャリーケース/トローリーバッグ ラゲッジバックです。RIDGE BACK(リッジバック)。」

Paul Smith 《ポール・スミス》
サイズ:
本体 70×51×28cm
総外寸 75×54×28cm
重量:4.6㎏ 容量:82L
預入可能な最大サイズ
4輪キャスター、TSAファスナーロック

ダークコバルト 
定価は、64,800円(税込)
 
 

キャリーオンの修理と代替(ポール・スミス)

ランセルのキャリーのハンドルが伸縮しなくなってしまったので修理に出そうと見積もりを依頼したところ、修理費15000円程度とのこと。

Paul Smith 《ポール・スミス》
ジャガードラビット ソフトキャリーケース/トローリーバッグ ラゲッジバックです。
定価4.5万
本体 50×36×27cm
総外寸 59×39×27cm
本体重量 3.8㎏
最大容量 33L
素材 
PU加工ポリエステル
カラー 黒 
4輪、TSA鍵付き
製造はエース

Tuesday, 1 August 2017

バンコクでの印象

今回、バンコクに立ち寄って気が付いたのは、
セキュリティが厳しくなっていること、世界的な流れであることには違いないが、空港の出入り、全身スキャナーの導入、皆ProVision2だが、鉄道の入口でのセキュリティチェック、地下鉄MRT車内では車輌内連結部にセキュリティが複数乗車していた。

ウラジオストク自由貿易地区へのビザ緩和


ロシア沿海州のウラジオストク自由貿易地区へのビザ緩和(電子ビザ申請)、8月より18カ国に対して実施、4日間の滞在について。是非試してみたい。