Friday, 7 December 2018

ユダヤ教のお祭「ハヌカ」

ハヌカ、別名光の祭り、ユダヤ暦キスレブ月の25日から8日間祝われます。2018年は12月2日の日没から12月の10日の日没まで。

由来はギリシャに支配されていた紀元前156年にイスラエルがエルサレム神殿を奪回し、開放する。その際、ギリシア軍は神殿の燭台(メノラー)を点す油の壺をユダヤ教弾圧の一環として汚した。ユダヤ人が神殿を取り戻した時、汚されていない油壺が一つだけ見つかった。

その油は、一日分に満たない量しかなかったのにもかかわらず、点してみると8日間も燃え続けた。この奇跡を記念して、祭日としてハヌカがお祝いされるようになった。そのため、ハヌカは別名「光の祭り」とも呼ばれる。

油にちなんで油で揚げたものを食べる、レヴィヴァ(ジャガイモをすり潰して揚げたもの)やスフガニア(ドーナッツのようなもの)。それと、種火用を含む9本のろうそくを立てるハヌキアと呼ばれる燭台が欠かせない

ハヌカのお祝いにまず欠かせないのは「ハヌキア」という燭台で「メノラー」という燭台(イスラエルの紋章)よりロウソクを立てる部分が2本多い、計9本のロウソクが立てられる。初日に種火用と一本目に火を灯し、日が経つごとに一本づつ灯していく。

ハヌカには、ドレイドルと呼ばれる四角錐の独楽(こま)とハヌカ・ゲルトという丸い金貨(中はチョコレート)です。ドレイドルには、「ネス・ガドール・ハヤ・ポー(偉大な奇跡がここに起きた)」の頭文字となるヘブライ文字、ヌン、ギメル、ヘー、ペーという字が刻まれている。それを子どもたちが回して何の文字が出るかでコインやお菓子などをやり取りして遊ぶ。

ハヌカの料理で代表的なのがレヴィヴァ(ラトケス)とスフガニア、いずれも油を使った料理です。ハヌカは、光のお祭りなので油を使った料理を食べることでも歴史的事実を記憶にとどめようとしている。

レヴィヴァはジャガイモを磨り潰して油を引いたフライパンで焼いたパンケーキのようなもので、アップルソースやサワークリームをかけて食べます。東ヨーロッパで広く食べられていたものがイスラエルへの移民を通じて広がったようです。

スフガニアは揚げたパンの中にジャムをいれて表面に粉砂糖をまぶしたもので、ドーナッツのようなものです。オーソドックスなのは中身がいちごジャムですが、チョコやクリーム、ナッツなど色々なトッピングがあるようです。

https://japan-israel-friendship.or.jp/special/festival/829/?fbclid=IwAR0g3O9H4FB1Qu_178naZuOG_FYlAXkGKYR4Dfp64_pMkWhTt05zVlBafJ0

Thursday, 6 December 2018

アンマンの公共交通網(バス)

非常に見えにくい公共交通ネットワーク、鉄道がないのでバスだけとなるが、外国人にはハードルが高い。まず、どこがバス停なのか、どこ行きのバスなのか、わからない。バスに何か書いてあるがアラビア語、番号も。
そんなことからまだ一度も乗っていない。しかし、こんな非公式情報もあるので試してみたいところだ。 

Amman’s Unofficial Transport Map
http://maannasel.net/map/mapinstructions/?fbclid=IwAR2ZQdV8falziHS-3PU-0-ImcJQdzU1ELpLuPi6P0niG9dpdW4zCmruPUQU

Friday, 30 November 2018

ケーブルが2度も接続不良のポータブルHDD

一度修理したものの同じ問題が発生、接続出来なくなってしまった。要は、本体とUSBケーブルの接続不良、なんだかね。アイオーデータ製、ちょっと敬遠かなぁ。

Wednesday, 21 November 2018

アンマンでのアパート


本日、やっとアパートの引っ越しが完了した。つまり新アパートに引っ越してから旧アパートの引き渡しが完了した。

昨年11月初旬、アンマンに赴任したものの限定的な現地情報の提供から自らアパートを探すべく人伝に個人オーナーや住むべく地区の不動産仲介業者を紹介してもらい、新事務所移転先も具体的な情報がないまま、もう少し時間が必要な状況だったがバグダード出張が控えていたこと等、かなり無理をして決めたアパート、さらに住宅手当予算を超え持ち出しの賃貸料だった、で前に漕ぎ出した。特に大家に関しては面談した際の印象や契約書ドラフト作成上での印象から非常に懸念があった。第一印象は確かに重要だということを後に証明されてしまう。このような状況なので契約更新は最初から頭になく、なんとか1年間やり過ごした。場所もアパートも問題ないが大家が問題なのは尾を引く。

私は、基本、アパートは借りず、サービスアパートメントか安ホテルに長期逗留するのが常である、しかし、このアンマンでは物価が高くかなわず、アパートを借りる以外、選択肢がなかったのである。その旧アパートから、場所的には旧アパートと近い、それも住宅手当を若干超える程度の新アパートに引っ越しすることができた。旧アパートの引き渡しの際には最後の最後まで大家が大家の態度を示さなかったことは残念であるが、これがアンマンの現実、金亡者であることを再度見せつけられた。

新アパートは、旧アパートと基本的にフロア構成は同じ、2LDKである。それぞれのベッドルームにバス(シャワーのみ)ルームが付き、ゲスト用トイレも付いている。一人なので一部屋しか基本的に使わない。また、ここは収納が豊富にありどこへ何を入れたかを忘れてしまいそう。

暖房は温水の輻射熱式はこの程度の広さでは見かけない、つまりエアコンでの暖房となる。よって冬期だけ電気代が通常月の5倍程度になる。輻射熱式の暖房は灯油を焚くことから、電気料金の数倍の燃料費を要するとのこと、3LDK以上のアパートには完備している。天然ガスが引かれればもっと安くなるはずだが、トルコや旧ソ連圏では非常に快適だったのに尾を引く。

この都市では使い勝手の良い完成度の高いアパートは昨年かなりの数の物件を見ているが、帯に短し襷に長し的が多かった、賃料が高いとそれなりだが、それに対応する手当ではないのも現実、しかも単身なので通常の80%の支給となる。

ヨルダンの不動産仲介手数料は、大家から年間家賃の5%、店子からも同じく年間家賃の5%を徴収する。

アンマンでの今回の件は、要するに懸念があることを無理して進めてはいけないという教訓。

Sunday, 4 November 2018

Wednesday, 24 October 2018

クイーンズ・フラッシング40番通り

ガートルード・ベル、砂漠の女王

ガートルード・ベル、最近、イラクがらみで知った英国人女性、お恥ずかしい話ですが。

それをご近所の友人に話したら彼女をモデルにしたら映画を数年前に観たとのこと、この映画でした。

邦題は、原題どおりの「砂漠の女王」でなく「アラビアの女王」、ガートルード・ベルを演じるのはニコール・キッドマンでした。

東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル

フランク・ロイド・ライトの下で働いた遠藤新設計のライトの影響を色濃く受けたホテル。現在は、武庫川女子大学甲子園会館として存続している。

https://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00740/?fbclid=IwAR3ZxY3lXOOodxUzwvHdOCL_3u_jdVOoHbbR3vQRiaXI8wHer9N4GUp2I80


Saturday, 13 October 2018

紅海ダイビングリゾートRed Sea Diving Resort

モサドによるエチオピアのユダヤ人救出作戦、紅海ダイビングリゾート、映画を製作中との記憶。
One of the Israeli intelligence agency’s most daring missions is being turned into a movie, ‘Red Sea Diving Resort.’ One of the operatives looks back on a breathtaking operation that saved thousands of Ethiopian Jews’ lives in the 1980s.
https://www.haaretz.com/world-news/asia-and-australia/.premium.MAGAZINE-the-incredible-story-of-the-diving-resort-in-sudan-run-by-the-mossad-1.6036466