Tuesday, 8 May 2018

アンマンから東京へのフライト

アンマンから東京へはいくつかルートがあるが、エミレーツ航空でドバイ経由が一般的となる。しかし筆者はどうもドバイ空港とエミレーツ航空が好きになれないので、これまでこの地域はトルコ航空でイスタンブル経由を好んでいた。

しかし、アンマン発のトルコ航空はなぜだかかなりお高い。最安値はエティハド国空のアブダビ経由、その次にドバイ経由のエミレーツ航空、ドーハ経由のカタール航空という状況。

そして湾岸諸国の航空会社は星組ではないということ、これは、荷物のタグにPriorityが付かない、ちょっと不利である。

3月にエミレーツ航空で帰国したときに羽田便を利用したが、到着がやや遅れ、さらに荷物がなかなか出てこない。到着予定は22:55なのに京急の最終品川方面に間に合わず、最終京急蒲田行、00:12に乗ったが、京急蒲田駅からは下り接続はあったが上りはすでに終了、そこからはタクシーと余計な出費となった。品川まで行ければタクシー代は2000円程度だったはずだが。

エティハド航空
NRT-AUH-AMM
アブダビ経由となり、トランジットが約10時間と長く、アンマン行きフライトは翌日となる。 まだ、片道しか乗ったことがない。

エミレーツ航空
AMM-DBX-HND, HND-DBX-AMM
フライト多く便利、東京までは最短時間であろう、羽田、成田ともフライトがある。預け入れ30㎏。今回の日程で検索したら最安値585JD(USD835)、数日連れると1500JDだった、3月の時は1054JD(USD1505)。USD800台で購入できればこちらを選択するだろう。前述のとおり、羽田到着便は遅延すると終電を逃す可能性を秘めている。

トルコ航空
AMM-IST‐NRT, NRT-IST-AMM
成田便が一日一便となり往復のトランジットとも12時間以上と時間が長い、が、エコノミーでもトランジットホテルが用意される。衣類や靴など日用品の買い物もできるので重宝している、が、アンマン発は手が出せない料金の場合が多い。今回の日程での最安値がUSD1919。
預け入れ23㎏x2、超過一個8000円

オーストリア航空
AMM-FRA-HND, NRT-VIE-AMMを購入、2016年以来、運航を停止していたが2018年5月より再開、アンマンにも就航していることから今回このフライトにした。料金は1017JD(USD1452)、エミレーツ航空最安値よりも高いが、星組だし。預け入れ23㎏x2

ヨルダン航空
AMM‐BKKはRJ、480JD。BKK‐HNDは別便で、タイ航空が安そう。ANAマイレージだと30000マイルだった。このルートは今後の課題。

ルフトハンザ航空、エールフランス航空
USD2000が最低レベルなので、容易には手が出せない。


No comments: