Sunday, 8 March 2015

都電えびす長者丸線跡

広尾・天現寺橋よりヱビス長者丸までの1.2㎞、恵比寿ガーデンプレイス、ウエスティンホテル東京の南側、つまり恵比寿ビール工場の脇まで都電が運行していた。この路線、行き止まりであり乗客も少なかったとみえて、戦時中にレールを供出したため運行が停止(昭和19年5月4日)された。

  • 1913(大正2)年4月27日:天現寺橋 - 恵比寿(伊達跡)間開業
  • 1922(大正11)年7月31日:伊達跡 - 恵比寿長者丸間開業
  • 1944(昭和19)年5月4日:廃止
その一つ手前が伊達跡、この伊達跡とは、宇和島藩伊達家の下屋敷がこの地にあったことから名付けられている。また、嘗ての町名が「伊達町」であった痕跡は現在も残っている。

天現寺橋は、渋谷川と笄川の合流する地点に架かっている、その反対側に広尾車庫があり、都電廃止後は、その後、都営広尾五丁目アパートとなった。


No comments: