Saturday, 14 July 2012

紀尾井町と赤プリ

取り壊しなのかな?紀尾井町の赤プリ新館、2011年3月末日で閉鎖された。一時は東北大震災の被災者の住宅としても使われた。赤坂プリンスホテルではな く赤坂グランドプリンスというらしいが、私には赤坂プリンスだろうな。1983年に丹下健三設計で開業した761室の巨大なホテル(新館)、日本のバブル 経済を象徴するかのようだった。

旧館は旧李王家邸、何度か入ったことがある、これは保存されるのだろうな、青山通り沿いの敷地境界には赤坂御門跡の石垣が今も残る。外堀の水面に写る赤プリは時の栄華を映し出しているかのようにゆらゆらとしていた。

赤プリの地階に紀尾井という日本料理屋があった。麹町に勤めていた頃、ある仕事のささやかな打ち上げに昼食をここでご馳走になった。一緒に仕事をしていた二回りほども年上の方で、社会人としての弁えを一つ一つ教えてもらった。私にとって番町麹町界隈とはそういう町だった。

NHKが予備送信設備(アナログテレビ・FM)を新館屋上に設置していたことから、閉鎖に伴う一時的な予備送信設備が無くなることが懸念されたが、解体が東京スカイツリー開業後となりその問題は解消され、現在は、東京タワーが予備送信施設として機能している。

東京都都市計画審議会で容積率が、現在の倍にあたる600%へ変更されたことから高さ制限が180メートルとなり、2棟の高層ビル(180mと120m)がホテル、住宅、オフィス、商業施設を含む複合施設が今年から建設される。

No comments: