Friday, 27 January 2012

日本とロシア、ビザ取得簡素化で合意へ

日露 ビザ取得簡素化で合意へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120126/t10015538611000.html

1月28日、ラブロフ露外相が28日に来日し日露外相会談が行われる。その中で経済交流促進の一環としてビザ簡素化が合意される予定だ。

具体的には、日本国籍所有者がビザの申請にあたって事前に提出する必要があるロシア内務省発行の「招待状」を廃止するほか、「数次ビザ」の有効期間を1年から3年に延長することにしている。

朗報である。

ビザ代行業者の実入りが減るけどその分ビジネス客が増えれば他にもビジネスチャンスが広がる。次は3年だな。

もう少し考えれば、ビザを免除するほうがもっと交流が活発になるのではないか。ビザ免除が最終目的で今回は簡素化であってほしい。

1 comment:

iio akitoshi said...

日露査証簡素化協定の署名
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/russia/sasho_kansoka2012.html

招待状※ただし,査証申請に当たり,招請者等が作成する文書(招請される者の渡航期間・目的等に関する情報)の提出は必要。

これって必要なの?あまり簡素化になっていなのだけど。